日興エボナイト 笑暮屋さん, 未分類

江月(こうげつ)という素材:笑暮屋

DSC_4443.jpg 江月という素材、昨日StyloArtでリリースしたばかりですが、本家本元、日興エボナイトさんのショップ「笑暮屋さん」でもリリースしています。
 私が初めてこの素材を見たのは少し前ですが、まだ棒状のこの江月の素材を見て、これで作った万年筆!!欲しい!と思いました。

DSC_4447.jpg 黒い軸に浮かび上がる金の模様(実際には黄色です)。
 斬新だけど、どこか懐かしい…。
 さらに、この素材にこめられたエピソードを聞いて、なおさら、魅かれました。

DSC_4448.jpg 夜、墨水を下る(よるぼくすいをくだる)という服部南郭の漢詩から来ています。
 詩を読むと、情景が浮かび、胸に迫るような旅情を感じます。


DSC_4450.jpg インキ止め式と、コンバーター式の2種類。
 軸の大きさはそれぞれ3種類です。
 
 このタイプは後期型なので、キャップを万年筆の後ろにつけることができます。
 

 金龍山畔江月浮ぶ(きんりゅう  さんはん  こうげつ うかぶ)
 江揺らぎ月湧いて金龍流る(こうゆらぎ   つきわいて   きんりゅうながる)
 篇舟住まらず天水の如し(へんしゅう とどまらず てん みずのごとし)
 兩岸の秋風ニ州を下る(りょうがんの しゅうふう にしゅうを くだる)
▼下記のような解釈をするそうです。
 夜の隅田川の水面にゆらめく明るい月影。
 隅田川を舟で下ってゆく情景を表したものですが、その月影の様は、金の竜が
走ってゆくようだと詠っています。
 ほの暗い水面に浮かぶ月。幻想的な夜です。
 StyloArtのモダンビューティ。
 笑暮屋のクラシカルビューティ。
 どちらも魅力的です。
 肌にすいつくような独特のエボナイトの触感を、ぜひ皆様にも試して頂きたいです!
 *笑暮屋さんメールマガジン登録のお願い*
 笑暮屋さんのメールマガジンが配信されることになりました。
 よろしければ、ショップトップページ、左サイド中段あたりの、店長紹介の上に、オレンジ色のメールマガジン登録ボタンがありますので、そこからご登録ください。
 登録に必要なのはメールアドレスだけです。

6 Comments

  1. avatar

    たがみ たけし

    2009年9月10日 at 8:37 午後

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まだ家出した「理性」さんが見つかりませんのに、このような魅力的な万年筆がたくさんリリースされては身が持ちませ~~ん(笑)!
    しかしこれがミドリ色でなくて良かったです!もしミドリ色だったら……なんて考えただけでも……オソロシイ(笑)

  2. avatar

    IVMA

    2009年9月10日 at 11:14 午後

    SECRET: 0
    PASS: acddcd1be50e65459940b991c4480e9a
    こんばんは。
    先日ペンクラスターのご主人から連絡があったのですが、
    二年越しに楽しみにしていたエボナイト漆塗り万年筆だったのですが、
    いろいろな事情があって、なんと話が「ボツ」に! なんとも残念です↓↓
    個人的にはエボナイトは黒一色のものがいいと思っているのですが、
    エボ屋さんでは、赤一色のものはあるようですが、
    黒一色というのはないようですね。。
    なぜなんでしょうかね。

  3. avatar

    みーにゃ

    2009年9月12日 at 7:47 午前

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > まだ家出した「理性」さんが見つかりませんのに、このような魅力的な万年筆がたくさんリリースされては身が持ちませ~~ん(笑)!
    理性さん、家出しっぱなしなんですね…☆やっぱり見つからないんですね~♪
    > しかしこれがミドリ色でなくて良かったです!もしミドリ色だったら……なんて考えただけでも……オソロシイ(笑)
    たがみさんは結構色とりどりのものをお持ちですよね!柄の美しいものも多いし。ですから、ミドリ好きとは気づいていませんでした~!

  4. avatar

    みーにゃ

    2009年9月12日 at 8:06 午前

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > こんばんは。
    > 先日ペンクラスターのご主人から連絡があったのですが、
    > 二年越しに楽しみにしていたエボナイト漆塗り万年筆だったのですが、
    > いろいろな事情があって、なんと話が「ボツ」に! なんとも残念です↓↓
    それは残念ですね~…。きっと堂々たるものになるはずだったんでしょうねぇ・・・。
    待ち時間が長い分期待も膨らむし、残念です。
    > 個人的にはエボナイトは黒一色のものがいいと思っているのですが、
    > エボ屋さんでは、赤一色のものはあるようですが、
    > 黒一色というのはないようですね。。
    > なぜなんでしょうかね。
    今のところは…。多分、エボナイトの活用を広げたい、柄の美しさで色々な方に目を留めてもらいたい、独自性を打ち出したい、ということで、カラーマーブルからのリリースになったのだと想像します。
    黒一色とは、IVMAさんは硬派ですね。

  5. avatar

    白髪猫

    2009年9月13日 at 1:09 午後

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Wikipedia によると、緑色について
    「なお、マヤ文明や漢字圏文化(日本、中国、ベトナムなど)では、グリーンとブルー (blue) を明確に切り分けない」
    というすてきな記事がありましたよう。
    すると、あのやつも、あれのやつも、
    ターゲットの中・・・・
    みーにゃさん、日暮は、夕焼け写真からの連想です。

  6. avatar

    みーにゃ

    2009年9月19日 at 2:07 午前

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 「なお、マヤ文明や漢字圏文化(日本、中国、ベトナムなど)では、グリーンとブルー (blue) を明確に切り分けない」
    >
    > というすてきな記事がありましたよう。
    わぁ、本当にステキですね!
    信号の青は緑ですし、納得です~。
    考えてみると、青~緑にかけての色は、私の好きな色が多いです。
    > みーにゃさん、日暮は、夕焼け写真からの連想です。
    えーと、私、夕焼け写真をアップしたことがあったかしら…?
    あ☆分かりました、あっちですね♪
    そうそう、私は夕焼けの写真を撮るのが好きなのです。写真を撮りに出かけるのがいつも午後、というのもありますが、オレンジがかった景色が好きです。
    なるほど、そういうことでしたか!自分でも気付いていませんでしたが、それで日暮がお気に入りなのかも知れません♪

コメントを残す