Child care

幸せの絵本。

DSC_1848.jpg友達にプレゼントしてもらった絵本の本。
幸せの絵本」。
著者の絵本ナビというWEBサイトから生まれた本だそうです。
私は言葉を覚える前から小学校の低学年くらいまで、母が毎日絵本の読み聞かせをしてくれたので本が大好きになりました。
あたたかい薄闇の中、この上なく優しく、歌うようにきれいな声で読んでくれたのはなんとなく覚えていますが、本の中身については記憶から消えてしまいました。
大事にしていた絵本も、母の一番のお気に入りの数冊を残して、あとは従姉妹にもらってもらったりしたので跡形もありません。
この幸せの絵本の中には懐かしい本がたくさんあって、また出会えたね!というような幸せな気持ちになり、また、あまりにも心の純真な部分に響くのでちょっと切ない気持ちにもなります。

DSC_1849.jpg←こんな感じで、絵本の一番しあわせなシーンが大きく載って、下部にはほんの少しのあらすじと、その絵本のファンの方の推薦文が添えられています。
絵の美しさと、素朴な紹介文で、読んだことのない本でもジーンと感動してしまいます。
100冊分も紹介されていて、こんなにたくさんの絵本に出会えるなんて贅沢な本だなぁと思います♪
この本を読んで、少しずつまた絵本を買い集めるつもりです。

2 Comments

  1. avatar

    watarow

    2011年3月19日 at 1:30 午前

    ご無沙汰です。
    ネットに復帰されましたね。
    大変でしょうが、生命の繋がりを最も感じておられるときでしょう。
    俵万智著「かーかん、はーい」も推薦します。
    それとpenの「絵本」の特集も。

  2. avatar

    みーにゃ

    2011年3月28日 at 5:06 午後

    こんにちは!直接ご報告せず申し訳ありません☆
    無事出産しました!
    本当に大変な毎日ですが、小さな喜びがたくさんあります。
    二つの良書の推薦、ありがとうございます!
    アマゾンで検索したら入手できるようですので読んでみます。

コメントを残す