Fountainpen, Stationery

手帳を買いました。付箋とTodoボードが楽しいテンミニッツ!

DSC_2129_20110414004947.jpgStyloArtから新製品の万年筆が届きました。久々に登場した「トチ+拭き漆」!この組み合わせは1年ぶり位に見る一点ものです。
ほの白いトチに拭き漆を施して、さざなみのような杢を深みのある色合いにしたものです。(写真中央)
でも今回は手帳の話。(トチの万年筆については末尾に少しだけ。)
4月始まりのものを買いました。手帳の会に行って初めて知った「テンミニッツ」。アイデアが面白いですよ~。
鮮やかなオレンジ色がきれい、中の紙面も洗練されたデザインでついつい衝動買いしてしまいましたが、紙質も良くて万年筆にも合うし、良い買い物でした!

DSC_2124.jpgテンミニッツの特徴は、バーチカルの紙面にフィルムふせんを活用するという点。
フィルムふせんの幅は時間の幅をそのまま表し、30min,60min,120minという3タイプの幅のふせんが付属しています。
ToDoボードなる、塩ビのハードケースの中には
・Today’s To Do(今日すること)
・Weekly To Do(今週すること)
・Want To Do(したいこと)
の3カラムのシートが入っており、この上にふせんを張りいれていきます。↓こんな感じです。


DSC_2127.jpg例えば、まずToDoの整理をして、次にスケジュールのページを開きながら、日次に落とし込んでいくという作業になります。
↓こんな感じです。

物事の優先順位がはっきりして、週の頭にこれをするとスッキリと一週間過ごすことができます。
良い点でもあり、悪い点でもあるのが、ToDoとしてあげていても出来なかった場合、そのふせんをそのまま翌日なり翌週に張りなおすことができること。スライドして、スライドして…と2週間先延ばしにしまったなんてよくあります。
時間は9時~20時というのが私のライフスタイルには少し合いません・・・相変わらずの宵っ張りなので、せめて午前3時位までは欲しいところです。
フィルムふせんは結構消耗してしまうし、専用でないと幅が合わないのですがテンミニッツの関連品はAmazonでも購入可能です。
使い始めて約1ヶ月ですが、飽きずに使い続けられそうです♪

ml-tochi_05b.jpgさて、今回のStyloArtの新製品で私のイチオシのトチに拭き漆を施した万年筆。(写真をクリックすると別ウィンドウで拡大します。)
木目が美しくて、透明感ある拭き漆も良くて、使い込んだらさぞかしいい風合いになりそうだなぁ~と思います。
即納の一点ものをアップしたばかりです☆
(もし即納品がなくなっても、こちらから受注生産で3ヶ月位待って頂ければ作れます。→万年筆ミラノ トチの拭き漆 受注生産品 )
是非見てみてください。

コメントを残す