Cats

子猫が生まれました!

2011年の秋頃から外猫なついていました。名前はアミーという茶色の長毛猫で、うちのミィと不思議と姿が似ています。人懐こいことこの上ない☆声をかけると飛んでくるし、足元でコロンコロン転がる仕草の可愛いこと。
猫好きの我が家はついつい可愛がってしまい、庭の片隅に犬小屋ならぬ猫小屋を置くほどに。
アミーは夜はそこに帰ってきて休むようになりました。朝晩えさをやり、使わないけどトイレを設置し、戻ってくれば声をかけ・・・毎日毎日。まだ体も小さく、生まれて1年経っていないような小さなメス猫です。
大雨が降れば心配で小屋に傘をかけ、冬の寒さが厳しくなれば湯たんぽを入れ、雪が降れば心配で夜も懐中電灯で様子を見て・・・と並々ならぬ気持ちのかけ方です。
よほど居心地が良かったのか、「あれ?なんだかお腹が大きくない?」と心配になってから数週間後の2012年3月11日の早朝、猫小屋の中で出産しました。
猫小屋は母の家の片隅にあるので母が気づきました。母にしてみても猫歴は長くてもうちの子達はすぐに避妊去勢しているので初のこと。それは不安だったようです。始めから終わりまでアミーは一人で頑張りました。
以下、生まれた子猫たちです。
PanaFS3_20120404_0240.jpg

生後2週間ほどの美しい白猫さん。
当初は母猫のガードが固くて、近寄ることが出来なかったのですが、だいぶ慣れてきました。
PanaFS3_20120404_0241.jpg

もう1匹も白猫さん。とても怖がりでママがいないと猫小屋の奥で体を寄せ合い固まっています。
この日の青空とのコントラストが美しく、ついつい高く掲げて怖がらせてしまいました。ごめんね。
PanaFS3_20120404_0246.jpg

茶色のマッカレルの子。あどけない表情が可愛らしい子です。
D90_20120322_0047.jpg
そして・・・紹介します。
母猫になったアミーです。
ちょっと前まで子猫だったのですが、お母さんになっちゃいました。
外猫にしてみれば当たり前なのでしょうが、石垣にぴょん!石垣から屋根にぴょん!瓦を駆け上がって行ってきまーす!という身軽な様子にはびっくりしました。うちのビッグなアメショーちゃんも窓から「ワォ、すっげー!!」って顔で見てました。
もともと3匹の猫が室内にいる我が家。
そしてうちの1歳2ヶ月の歩き出した幼児、よく遊びに来ている妹の生後2ヶ月の乳児。
大変なことになってきました。

2 Comments

  1. avatar

    ハ音記号

    2012年5月19日 at 8:07 午後

    ぎゃー!!なんて可愛らしいの♪
    3匹とも美猫さんですね。
    みんな元気に育ちますように。
    うちはマンションで私が喘息持ちだし、子供の頃から社宅住まいの転勤族でペットって飼ったことがないんで、みーにゃさんの猫まみれライフ、羨ましすぎます。

  2. avatar

    みーにゃ

    2012年5月23日 at 12:02 午前

    ありがとうございます!カワイイでしょう~~♪
    > うちはマンションで私が喘息持ちだし、子供の頃から社宅住まいの転勤族でペットって飼ったことがないんで、みーにゃさんの猫まみれライフ、羨ましすぎます。
    喘息があるんですね~!?ほんとに猫まみれな家になってますがちょっと会うだけなら大丈夫?子猫が小さいうちに良かったら遊びに来てくださいね~。

コメントを残す