チアシード

鉄分と食物繊維が豊富で、無味無臭のプチプチ、チアシード。
水分で10倍に膨らむので、満腹感もあるというスーパーフード。
1袋1000円くらいで売っているので、買ってみた。

seed
ゴマのよう。つぶつぶ。

seed2

カゴメの野菜ジュースと混ぜる。
1時間くらい冷蔵庫で冷やして、カサが増えるのを待とう。

seed3

あれ、あんまり変わらない?
よく見るとカエルの卵みたい。
粒の周りが膜状に膨らんでます。

喉越しはツルん。
味はしない。満腹感はあまり感じませんが。。。
ダイエットにもいいらしいですよ。


DSCF4938

無垢板のカウンターの表面をDIY!

もうだいぶ前のことですが、家を建てる時に寝室にちょっとした机があるといいなあ、と思い、
タモの耳付き無垢板をここ(丸紅木材株式会社)で買い、その素材でカウンターを作ってもらいました。
(35×900×1810㎜の素材価格は送料込みで5万円弱でした。)
自分で木材を買ったのは、建築会社から提案された板は集成材で味気なかった上、もっと高価だったからです。

表面は無塗装のままで仕上げてもらい、そのままにしていたのですが、表面がざらついている為にホコリを取りにくいのが気になっていました。

ということで、表面をヤスリがけをして、オイルを塗ることに。

作業前
DSCF4935

ペンでうっかり書いてしまった跡があります。これも消したい。

壁側をマスキングテープでマスクして、作業開始。
DSCF4937

ヤスリはこちら。紙やすりをサンドブロックに巻きつけてゴシゴシ。
木片などに巻きつければ、わざわざ買うこともないようですが、なかったのでホームセンターで買いました。
粗め → 細かめ と磨き上げます。意外と簡単!
ペンで書いた跡も、ほぼ見えなくなりました。

DSCF4938

そして、木工用ミツロウクリーム。これは楽天で買いました。

オイルも検討しましたが、
 ・なるべく自然なもので香りも刺激にならず、
 ・べたつかないですぐ使える
という点でミツロウクリームにしました。
これなら、革製品などにも使えるのでいいですよね。

DSCF4941
柔らかい布(木綿の古着を使いました)ほんのすこしつければ良いようです。

DSCF4943
右半分を塗りました。
色の違いが分かりますか?すこし濃い色になります。
DSCF4946

もうこの時点で、木の香りが部屋に漂っていい香り!

完成!

表面は滑らかで、満足いく仕上がりです。

大した作業ではないのですが、自分でするって楽しいですね。
私に時間ができたらしたいこと、それはDIYとミシンで何か作ることです。
きっといつか。


スクリーンショット 2016-04-18 14.57.29

熊本地震への寄付受付について

ご無沙汰しています。
今回の熊本地震で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。
私に今できることは募金です。

熊本地震 義援金等の受付窓口まとめ

寄付・ボランティアをまとめているサイトがありますので、リンクを貼っておきます。
熊本地震 寄付・ボランティア受付窓口まとめ シェアだけでも支援できる

私は日本赤十字社に送金します。


第7回丸善世界の万年筆展 展示即売会 -手書きの愉しさを味わう-

この週末、日本橋丸善で行なわれている「世界の万年筆」に行く予定でしたが
残念ながら行けなかった。Twitterなどを見ていると随分盛り上がったようですね。
日興エボナイト製造所の店舗「笑暮屋」も出店したので、ぜひ見たかったのですが。
後日参照用に情報を載せておきます。

第7回丸善世界の万年筆展 展示即売会 -手書きの愉しさを味わう-

丸善 日本橋店
開催日時:2016年03月02日(水)09:30 ~ 2016年03月08日(火)20:30

▽パンフレット
nihonbashi_mannenhitsu_01_L

nihonbashi_mannenhitsu_02_L
続きを読む


pilot2016021

パイロットフェア2016/2/26~3/17@伊東屋玉川店

キャップレスの記事を書いたばかりですが、伊東屋玉川店ではパイロットフェアを大々的に実施中です。
1万円以上の万年筆を買うと、非売品の万年筆お手入れセット(洗浄用スポイト・カートリッジセット)がもらえるようです。
3月5日・6日には筆圧測定・ペンクリニックもあります。パイロット祭りですね!

pilot2016023

エラボーやキャップレスなど、色彩雫インクが入った状態で各種試筆できるなんて素敵!
全体的に楽しい雰囲気です。

pilot2016022
エラボーは持っていませんが、
試筆する度に、万年筆で字を書く心地よさを最大限感じることのできる万年筆だなぁと思います。 続きを読む


DSCF5288

キャップレス万年筆を試筆

DSCF5288
伊東屋玉川店ではキャップレス万年筆を試筆できます。
それも出ているのはマットブラック!全身をクールなブラックでキメてるお洒落な万年筆です。

私の記憶では、10年(?)以上前にはマットブラックのラインアップがあったものの、廃盤に。
その後、欲しくて探しましたが、ヤフオクなどでもかなりの高値で取引されていたので諦めた覚えがあります。
それを2011年位に復刻したようです。

DSCF5289

普通にカートリッジを刺した状態で試筆できるので、インクを付けて書くのとは違って、実際のインクフローを体感することができます。
特別感がありますね。用意されている字幅はFとMですが、どちらも悩ましいほど書き心地が良いです。
ずーっと書いていたい感じ。

そして品揃えにもご注目。

キャップレスの絣が各色あります。赤・青・白・黒・緑。あれ??
絣の青・赤はそれぞれ、約7年くらい前に廃盤になったはず。(急いで購入したので覚えています!)
これも特別生産品として復刻しているみたい。
白は存在自体知らなかったのですが、今回出たようですね!これまた綺麗です。

もう手にすることはないでしょう、なんて思っても、「復刻」で再会することもあるんですね〜。

実際にインクを入れて、という試筆をいつまでやっているかはわかりませんが、
気になる方は是非!→伊東屋玉川店へ 足を運んでみてくださいね。


20160214_d90_0020

久しぶりにNikonD90+SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

久しぶりに引っ張り出してきたもう7年ものの一眼レフ、NikonD90。
「やっぱりこのレンズが好きだったかも」と思い付け替えたのが、SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM。

ピントが合うのが遅いけど(不具合なのか、Nikon純正レンズに慣れてしまったせいかわからない)、空気の透明感や、私が感じた色合いをそのまま表現してくれる気がする。

20160214_d90_0018
手前の薔薇のようなものは、ヒマラヤスギの松ぼっくり。
薔薇にそっくりな形をしていて、息子と散歩した近所の公園で初めて見たときはかなりびっくりした。
つい、植物に詳しい妹に電話してしまった。
「木の質感なんだけど、形は薔薇にそっくり。そんなモノある?!」と。
フラワーアレンジメントではよく使う素材らしく、「シダーローズでしょ」とすぐ返答があった。
元はもっと大きいものだけれど、松ぼっくりの先端部分が残って後ろの部分が落ちたものがこれらしい。

100円均一で買って来た金色のスプレーで彩色してみた。
(金色のスプレーはホームセンターでは500円超で売ってるけど、CanDoに売ってた!)

20160214_d90_0020

子どもとある教室で作ったどんぐりトトロ。

修正液で白く腹を塗って、黒の油性マジックで目を書く。

小さな曲面に描くのは難しいけど、楽しい。

この楊枝が刺さっているのがポイントで、これがないとかなり難しい。自分でどんぐりに穴を開けようと思ったらできなかった。

20160215_d90_0002

何のことはない豚キムチ。

と、梅キュウリ(+紫蘇)。
良い組み合わせだと思う。

20160215_d90_0005

撮ってみて、やっぱり好き。このレンズ。
一度、オーバーホールに出してみようかな。


Sigmaのレンズの修理受付について→点検/修理に関してのご案内 ・ 修理可能な製品と標準料金(交換レンズ)

50mm F1.4 EX DG HSM
軽修理 分解を必要としない一般機能の修理: 5,832円
普通修理 分解を必要とする一般機能の修理: 7,560円
重修理 衝撃等による複雑な修理: 14,796円



bus

幼稚園の今月の歌「Wheels On The Bus」

息子は年中になりました。
通っている幼稚園は英語教育に力を入れており、担任の先生として英語がネイティブの先生と日本人の先生が二人ついています。

子どもが幼稚園で覚えてきた歌。
「Wheels On The Bus」
振り付きでとっても楽しそう!
メロディは知っていますが、歌詞がよくわからないので、YouTubeで検索しました!
貼っておきます。

Wheels on the bus go round and round | Rhymes with lyrics

The wheels on the bus go round and round
Round and round, round and round
The wheels on the bus go round and round
All through the town

The wipers on the bus go “Swish, swish, swish,
Swish, swish, swish, swish, swish, swish”
The wipers on the bus go “Swish, swish, swish”
All through the town.

The people on the bus go, “chat, chat, chat,
cha,,chat chat,chat chat ,chat
The people on the bus go, “, chat,chat,chat
All through the town.

The horn on the bus go “Beep, beep, beep
Beep, beep, beep, beep, beep, beep”
The horn on the bus go “Beep, beep, beep”
All through the town.

The baby on the bus go, “wah, wah, wah!
wah, wah, wah, wah, wah, wah!”
The baby on the bus go, “wah, wah, wah!”
All through the town.

The mummy on the bus go, “ssss sh,ssss sh,ssss sh,
“”ssss sh,ssss sh,ssss sh
The mummy on the bus go, “”ssss sh,ssss sh,ssss sh”
All through the town.

The wheels on the bus go round and round
Round and round, round and round
The wheels on the bus go round and round
All through the town


振り付けは、基本的にはハンドルを握って運転していて、
“Swish Swish…”のところではワイパーの真似をして、肘から先を左右に振る。
“Beep beep…”のところでは、クラクションを鳴らす仕草をする、という感じです。

子どもが耳で覚えてきた英語はとても発音がよくて、
幼稚園から英語に触れるのは、良いことだなぁと実感する毎日です。


映画「Given~いま、ここ、にあるしあわせ」を見に行ってきました

大学の時の先輩 高橋夏子さんが映画監督をした映画「Given~いま、ここ、にあるしあわせ」が渋谷の小さな映画館 UPLINKで上映されているので、見に行ってきました。
渋谷での上映は2月19日まで。本日、2月9日朝の回は親子上映会ということで、小さい子どももウェルカムで多少騒いでもいい日だったので、朝から多くのママと乳児連れで賑わっていました。チケットは完売で、見られない方もいたようです。

2月11日(木)は上映後にトークショーも予定されています。また、親子上映会は2月16日(火)もあるのでお子さんがいる方は是非。
全席60人くらいの小さな映画館ですので、前売り券をWebで購入するのがオススメです。
スマホをお持ちの方は、「ticket board」というアプリをインストールして、入場前に見せる、というのが便利だと思います。
(事前に新規登録する必要があるので、それなりに面倒ですが)

given

ストーリー

子どもの病気という、辛い現実に向かい合う3家族。
幸せを見つけて生きて行く、現在進行形の物語。
→公式HPのストーリーはこちら

感想
すごく良かったです〜〜。
「子どもの病気に向き合う家族の話」。
そう知って、心構えして見たので、泣きたくないし泣くつもりはなかったのですが、
綾戸智恵さんの力強い歌声に感情を呼び起こされ、エンディングでは結構涙が出てしまいました。

どうしてこんな病気が?自分の家族に?と思う疑問。
その問いに当然答えは出ないのですが、
起こった現実に力強く向かい合い、乗り越えていく父母。
そしてその経験を経てぐんと成長していく兄弟姉妹たちに
なんて強くて美しいんだろう、と感動しました。

それぞれの家族からふと出る「今が幸せ」という言葉に
私はどうだろう、自分の立っている現実に不満や不平を持っていないだろうか、自分の幸せをちゃんと噛み締めながら生きているだろうか、と我が身を振り返らずにはいられませんでした。

自然と元気をもらいました。
ドキュメンタリー映画って素敵。


高橋夏子さんのプロフィール

高橋夏子さんは大学卒業後は地元のテレビ局に勤務、その後も映像制作にずっと携わっている方。医療事情に詳しく、小児医療について取材されることが多いようです。Facebookなどを通じて、私は常に考えるきっかけをもらっています。


Amazon2016-02-08

Amazonプライム・フォトのキャンペーン中

最近、Amazonがプライム会員向けに提供するサービスがすごい!と思います。
プライム会員とは年会費3,900円で配送料無料特典(お急ぎ便およびお届け日時指定便が無料)を利用できるサービスですが、次々と特典が増えています。
Amazonでよく買い物をする私としては、十分元が取れているのですが、それ以外のサービスが充実してきました。
プライム・ミュージック、プライム・ビデオ、プライム・フォト。

プライム・フォトは、サービスがスタートしたところですので、キャンペーンをやっています。

ただ今、プライム・フォトを使うとカメラ(合計40名様)やクーポン(合計150名様)が抽選で当たる記念キャンペーン実施中。2/14まで。

プレゼントは当たったら嬉しいカメラなどがいろいろ。
応募も簡単でした!当たるといいなぁ。プライム会員の皆様にオススメです。

応募方法

1. 無料アプリ「Amazon Photos」をダウンロード
2. Amazonアカウントでサインイン
3. 写真をアップロード
4. アップロード完了
5. 注意事項をご確認の上、「送信」ボタンをクリックしたら応募完了。

で、どんなサービスかというと・・・

プライム・フォトとは・・・

Amazonプライム会員なら、写真データを追加料金なしで好きなだけAmazon Cloud Driveに保存できる新サービス。

カメラや携帯で撮った写真を何枚でも保存できます。また、ドキュメント、動画など写真以外のファイルの保存先として使用できる5GBの無料ストレージも使用できます。

・スマートフォンの写真も容量を気にせず自動保存
スマートフォンで撮った写真も好きなだけクラウドに保存できる。「Amazon Photos」無料専用アプリを利用して、撮ったその場で自動保存も可能。
また、保存した写真を手軽にFacebook, Twitter, LINEで家族や友人と共有することも。

・RAW画像も劣化無く無制限に保存
RAWで撮影することが多いカメラマン・写真愛好家の方も、画像劣化を気にすることなく無制限に写真データを保存可能。クラウドだから、いつでも・どこでもアクセス可能。

> Amazon Cloud Drive詳細はこちら

「写真ならデータ容量制限」というのがミソで、動画は容量制限にひっかります。
容量アップのプランは下記の通りでした。
amazonprimephoto

私はFlickrProという有料サービスを利用していて、年間6,000円位で容量無制限。動画もアップロードできるけど、、、RAWデータは保存できないので、なんとも悩ましいです。

以下、・・・私が活用しているAmazonのプライム会員向けのサービス詳細について。
続きを読む